Macha's 未完成模型日誌

製作途中の模型の紹介です。たまには完成するかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験車輌1-その2 錆びをのせてみた

師匠の仰るとおり
メタルカラー乾燥後、さび色のパステルをアクリル溶剤で希釈したものをのせてみました。



どうでしょう?客観的にみて。



A.どう見ても本物でしょう。


B.さびはいい感じだが他の部分がねぇ~。


C.他の部分はいいが肝心のさびがねぇ~。


D.ん~、それっぽく見えるがまだまだ模型ですよ。







ま、Aはないにしても他にもいろいろな見え方があると思います。

率直な意見が聞ければいいですねぇ。


個人的にはいい感じに見えてたりしてピース


でもね、手元にある模型はまったくこの写真の様には見えません。泣き顔


ちょっと引いた画像がこれ







コメント

ずばりCだと思う

えらそーなこと言って、申し訳ないんですが許してくださいね。
実物の色味と写真の色味は厳密に同じではないことは承知している前提で
写真で見るかぎりCだと思います。
なぜなら、サビ色がやや赤色方向に振りすぎている色味で(写真では)見えるからです。
オレンジ系、山吹色系のパステルをもう一発かぶせる手がありますよ。
あにさんも言っている通り、地色でサビの色味が変わって見えることがありますので、3色ばかりのパステルを試しながら重ねたり、重ねなかったりで様子を見ながらやっているのが実情です。(本物のサビはいつも同じ色ではないのか?とも思うのですが、まだ研究不足)

それと、すごいなと思ったのが、フラットな部分以外のざらざら部分!
これはパテか何かで狙って付けたのですか?
塗装の下地からサビが浮き上がってくる表現に応用できそうですね!

  • 2008/06/18(水) 23:01:31 |
  • URL |
  • 宮崎 #-
  • [ 編集 ]

いつも率直かつ的確なご意見に感謝しております。

実験車輌なのでいろいろな手を試してみたいと思っています。

これからどうなるか非常に楽しみです。


ざらざら部分はタミヤラッカーパテをシンナーで溶いたものです。塗布後に軽くペーパであたっています。模型誌でよく紹介されているあれです。
私は「アバタもえくぼ表現」と呼んでいますが。

  • 2008/06/21(土) 03:33:26 |
  • URL |
  • Macha #-
  • [ 編集 ]

「あれ」がこんなに!

軽くペーパーを当てるところにマスターのノウハウがあるわけですね。
全体に塗布してしまわずにリアス式海岸状に使うという発想がありませんでした。
「アバタもえくぼ表現」おかげさまで、またひとつ賢くなりました。

それと、キャノンのデジカメには「マイカラー」とか色味を調整する機構が付いていたと思います。
もし写真の色だけが赤みがかって見えるのだとすれば、調整可能かと?

  • 2008/06/21(土) 16:47:38 |
  • URL |
  • 宮崎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sdkfz181.blog32.fc2.com/tb.php/42-a93748f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。